活動方針

2020年度 大宮東地区会活動方針

大宮東地区会 会長 薊 喜美雄

【活動スローガン】
『国難の中、会員同士で協力し合い自社を守り社員と地域を守る経営を実践しよう』

同友会を通じて、厳しい環境の中でも長く続く骨となる学び、会員の繋がりと絆を深める活動をしよう。

【活動方針】

  1. 感染防止
  2. 事業継続
  3. 情報共有と会員間の協力
  4. 今こそ良い会社づくりが求められている これを機に強靭な経営体質づくりを目指す

【実行計画】

  • 感染防止…例会・幹事会のWeb会議開催を進める(感染拡大が沈静化するまでZOOM利用)会員の要望を把握するため意見集約・共有し例会に反映する
  • 事業継続…非常時の事業計画に切り替える 早急に資金の手当てを取る社員と共に今後の対応策を検討、実践する
  • 情報共有…各種支援策(融資・返済猶予・納税猶予・助成金等)の活用事例を共有する例会を開催日常的な情報共有はeメール・SNSを活用する
  • 良い会社づくり…環境激変に対応できる会社に変える事を経営者の最重要任務と位置づけ、全社員一丸となって生き残れる会社を目指す 集合しての活動は縮小せざるを得ないが、Web会議等で地理的制約を超えた埼玉・全国の事例に学ぶ機会を積極的に増やす